家族で行きたい「仙台市八木山動物園」!!…ってどんなところ?!

八木山動物園

昨年12月に開通した仙台市地下鉄東西線のおかげでグッと行きやすくなった「仙台市八木山動物公園」。歴史ある動物園ですが、今改めてその魅力が増し注目度が高くなっています。

そこには家族で楽しめるポイントがたっぷり!今回はそんな八木山動物公園の魅力に迫ってみたいと思います。

開園50周年!震災後も再園

八木山50週年
八木山動物公園は昨年10月に開園50年を迎えました。前身となったのは昭和11年に開園した仙台市動物園。日本では11番目、東北では初めて作られた動物園として注目されました。

その後戦争の影響で閉鎖。昭和32年に子供動物園として再度開園、八木山動物公園としては昭和40年に現在の立地でスタートすることとなりました。

東日本大震災では飼育小屋の一部が破損、えさや水が十分に与えられない状況に追い込まれ運営していくには困難な事態に。

しかし全国の動物園の支援と、動物園を再開してほしいという市民の声を受け、震災から43日後に運営を再開しました。今は市民をはじめたくさんの人に愛されるスポットとなっています。

ベーブルースのゆかりの地?!

ベーブルース像
ちなみに動物園が出来る前、ここには八木山球場がありました。昭和9年、かの有名な野球王ベーブ・ルースが全米大リーグ選抜野球チームの一員として来日。

ここで初めてホームランを打ったことを記念して、動物公園の敷地内にはベーブ・ルースの像が建っています。仙台でベーブ・ルースが記念すべき試合をしていたなんて驚きですよね、是非探してみてください。

行きやすくなった動物園!ファミリーにとっての憩いの場

八木山動物公園駅
八木山動物公園は、地下鉄東西線の西側終点駅の「八木山動物公園駅」が最寄駅、仙台駅からは電車で12分の立地にあります。すぐ隣には人気の遊園地「八木山ベニーランド」がある魅力のエリアです。

動物園年間パスポート
入園料は大人400円、小中学生100円、未就学児は無料!この値段で一日楽しむ事が出来るのは嬉しいですよね。年間パスポートは大人も子供も1000円なので、何度も行くなら持っていた方がお得です。

開園時間・入園料金はこちらから確認出来ます。

オムツ交換台
子供連れで気になるのは、「子どものお世話が出来る場所であるかどうか」ですよね。園内にはトイレは5カ所あり、オムツ交換台も完備されています。授乳室は綺麗で使いやすく乳幼児のいるママも安心して行くことが出来ます。

八木山動物園ベビーカー
園内は広いのでベビーカーは持って行った方がベター。ベビーカー貸し出しサービスが1日1台150円で借りることが出来ます。

小さなこどもも興味津々!迫力満点の動物たち

八木山ペンギン
八木山動物公園には約130種500匹ほどの動物たちが暮らしています。入り口を入るとペンギンたちがお出迎え!小さな子どもたちには大人気です。

八木山ゾウ
八木山キリン
八木山シマウマ
園内で絶対に外せないのは「アフリカ園」。ゾウやキリン、シマウマなどがまるで自然の中で暮らしているかのような様子を見ることができます。

これらを一望できるビューポイントにはいつも人だかりが!大人もついつい見入ってしまいます。
八木山ホッキョクグマ
また「猛獣舎」ではすぐそばで見られるホッキョクグマの迫力にビックリ。

でも実はこのクマは国内最高齢で、園内の動物も高齢化が進んでいるとのこと。人間と同じで、飼育員さんの丁寧なお世話で長生きしているんですね。

八木山動物園の仲間たちをチェック

園内にある子供も楽しめる工夫とは?

八木山顔パネル
園内には子どもも楽しめるような小さな工夫がたくさんあります。

動物が描かれた顔ハメパネルがあったり、動物のイラストが描いたゴミ箱があったり。

八木山ヒト
面白いのは動物展示に見せかけた「ヒト」の展示スペースがあること!もちろん人間が展示されているわけではなく、そこで写真を撮るとまるで人が動物園で飼育されている動物みたいに見える仕組みです。

ちょっと笑える家族写真を撮ることが出来ますよ。

見る以外にも、食べて買って楽しめる!!

八木山森の食堂
動物公園内には売店やレストランがいくつもあり、それぞれちょっと違った雰囲気のお店になっています。家族みんながお腹いっぱい食べるなら園内中央にある「森の食堂」へ。

人気なのは塩ラーメン。他にもうどんや、そば、カレーなど、お子様メニューも充実しています。

八木山アフリカ園売店

また「アフリカ園売店」ではキリンなど動物たちを見ながら食事ができるおススメスポット。パスタやソフトクリームを、ちょっとかわいいレンガ調の店内でいただけます。

また園内の休憩所では持参したお弁当を食べることもできますよ。

八木山ぬいぐるみ
売店では動物園オリジナルおみやげ品がたくさんあります。トラやワニの大きなぬいぐるみやレッサーパンダのリュックはお土産にも最適。

ちょっとリアルなフィギュアは大人ウケも抜群です。動物の写真やイラストが描かれたかわいらしいお菓子も是非買って帰りたいですね。

売店・レストランの場所をチェック!!

家族で何度も行きたい!動物園の魅力

八木山家族
動物公園内は全体的に自然も多く、四季の変化も楽しむことができます。季節に合わせたイベントを随時開催しており、家族で何度行っても飽きることがありません。

イベントの確認はこちらから

現在動物公園内は広場の一部が工事中ですが、3月になると動物とふれあえる新エリアが出来るようです。

家族で楽しめる「八木山動物公園」は仙台市内に住んでいる人はもちろん、仙台市に住んでいなくても是非一度は来てほしいスポット!たくさんの動物たちを見にぜひ足を運んでみてくださいね。

いかがでしたか?仙台市に引越して来たくなっちゃうほど、「八木山動物公園」をはじめ仙台には魅力ある場所がたくさんありますよ!

所在地 〒982-0801 宮城県仙台市太白区八木山本町1-43
電話番号 022-229-0631
FAX:022-229-8419
開園時間 3月1日から10月31日まで
午前9時~午後4時45分(ただし入園は午後4時まで)
11月1日から2月末日まで
午前9時~午後4時00分(ただし入園は午後3時まで)
休館日 毎週月曜日
(ただし月曜日が祝日や振替休日にあたる場合は、その翌日が休園日)
12月28日から1月4日
入園料 一般400円、小・中学生100円、未就学児 無料

詳しくはこちらをご確認ください。

交通アクセス ◆仙台市営地下鉄をご利用の方
(仙台駅前~八木山動物公園駅)
仙台駅からの乗り場 運行間隔 下車停留所 運賃 所要時間
仙台市営地下鉄  仙台駅地下鉄東西線乗り場
約7~8分毎  八木山動物公園駅  大人:300円
子供:150円 約12分
—————-
◆車をご利用の方
仙台南ICより仙台市街方面へ
→仙台南ICから国道286号線を仙台市街方面へ約5km東進。西多賀歩道橋の信号を左折して約4kmで動物公園前へ(約20分)。
仙台宮城ICより仙台市街方面へ
→仙台宮城ICから仙台西道路を経由しトンネルを出て、西公園前交差点を右折し、南に200メートル進んで大町交番前交差点を右折。大橋を渡り東北大学入口の交差点を左折して約2km。青葉城址脇を通過して動物公園前へ(約15分)。
駐車場 普通車 最初の30分まで無料。以降30分毎に100円(上限500円)
バス等  (全高2.6m以上)1回 1,000円
※ ゴールデンウイーク等休日は駐車場および周辺道路が大変混雑します。