片付けやすい子ども部屋を親子で一緒につくろう!

「片付けなさい!」「なんでいつも片付けできないの!!」このように声を荒げてしまったことのある方は少なくないかと思います。

気付くと毎日のように怒ってしまっている。結局親が片付けることが多い。これって、子どものせいなのでしょうか?

もしかしたら、部屋の使い方や、親の行動も原因の一つなのかもしれません。

子どもが片付けられない原因5つ

①モノが多すぎませんか?

年齢によって遊ぶおもちゃはどんどん変化していきますので、子どもと一緒に考えながら、おもちゃの入れ替えを行ってみてはいかがでしょうか。

親が勝手に片付けてしまったり、処分してしまうと、子どものやる気を阻害してしまうかもしれないので、必ず一緒に行ってくださいね。

②収納場所は十分にありますか?

子ども部屋のクローゼットに他の家族の物などをしまっていませんか?

特に小さな子のおもちゃはかさばる物が多いので、十分な場所を確保してあげてください。

作り付けの収納でなくても、大きめのバスケットやボックスなどを活用して収納場所にすることができます。

子どもが好きなキャラクターのものにしたり、子どもにデコレーションしてもらって、子ども好みの収納ボックスにすればお片付けも楽しくなってくるかもしれません。

③モノのおうちは決まっていますか?

しまう場所を決めていれば、片付ける度にどこに片付ければいいのか考えなくても済むので、片付けがぐっと楽になります。

「片付けなさい!」と言うよりも「おうちに帰る時間だよ」と声掛けすることで、スムーズに片付け習慣が身につくかもしれません。

④子どもがしまいやすい収納場所になっていますか?

収納場所は子どもが簡単に手が届くところですか?すぐに片付けられるようになっていますか?

ちょっとした手間があると、大人でも後回しにしたくなりますよね。

子どもがぱっと片付けられるような収納場所になっているかどうか確認してみてください。

⑤細かく、完璧な片付けを求めていませんか?

あまりにも分類が細かすぎると、片付けは面倒で大変なことだと思ってしまうかもしれません。

次にそのおもちゃで遊ぶときに子どもが自分でそのおもちゃを見つけられればOK、きちんと並べていなくても収納ボックスに入っていれば良しとしましょう。

仙台で学べる、親・子の片付け方法

親・子の片付けインストラクター2級を取得することのできる講座を仙台でも受けることができます。

この講座では、親や子の片付けへの関わり方や、片付く仕組みづくりのポイントなどを学ぶことができ、受講後すぐに役立つ知識を得ることができるようです。

片付けに関する子どもへのアプローチ方などを学ぶことで、親だけでなく子どもも片付けの習慣力や必要なものを選び取る選択力など様々な力をつけることができます

片付けが苦手な方も、自分は得意だけど、子どもにどうしたら自発的に片付けをしてもらえるようになるのかわからない方も、一度受講されてみてはいかがでしょうか。

まとめ

子供

子どもが片付けを習慣化するようになるためには、親による仕組みづくりと、その後の声掛けが大切です。

叱るよりもほめましょう!

親にほめられるのが嬉しくて、もっと頑張ろう!また片付けよう!と、片付けが好きになってくるかもしれません。

大人の目から見てそんなにきれいになっていなくても、子どもの頑張りをどんどんほめて、片付け上手な子どもに育てましょう!