心理が違えば片付け方も違う~親世代・子ども世代の心理の違いとは

親子

実家の片付けって難しいですよね。

ぱぱっと不用品を捨ててスッキリさせたいのに、それは使えるから!大切なモノだから!などと、何かと取っておこうとする親と揉めては中断、再開してはまた揉めて、という繰り返しで時間がかかり、結局諦めた・・なんて方もいらっしゃるようです。

なんでこんなに揉めてしまうんでしょう?そこには、モノに対する心理の違いがあるようです。

子ども世代の心理

モノを安く、簡単に手に入れることのできる時代に産まれ生きてきた子ども世代が、片付けと聞いてまず最初に思い浮かぶのは、断捨離という言葉ではないでしょうか。

簡単に手に入るからこそ、手放すことへの抵抗も少なく、スッキリとした家で暮らすために不要と思われるものはどんどん処分していける方が多いようです。

また、ただ捨てるだけではなく、リサイクル店やフリーマーケット、ネットオークション、寄付などと処分する方法も多岐にわたっているので、片付けにより拍車がかかります。

親世代の心理

物が少なく、なかなか手に入れることのできなかった時代に産まれ育った親世代は、捨てることに対する罪悪感を強く感じる方が多いようです。

無料でもらった割り箸やお絞りなどから思い出の品々まで、あらゆる物を溜め込み、日用品のストックがないと不安に感じることもあるようです。

大切な思い出の物に囲まれて、今までの人生を振り返りながら暮らしていきたいと願っている方も多く、必ずしもスッキリとキレイに整理された家を望んでいるとは限らないのです。

お互いに認め合おう

親に安全で快適な家で過ごしてほしいという願いから、片付けをしたい子ども世代。

子どもの気持ちはありがたいけど、モノを処分したくない、捨てたくないという強い思いも捨てられず、その気持ちをわかってもらいたい親世代。

片付けのゴールの違いが揉め事を引き起こしてしまうので、片付けに入る前にじっくりと話し合って同じゴールを設定し、時間をかけてモノや親と向き合いながら進めていければ、スムーズにいくのかもしれません。

仙台では、お片付け診断とコンサルティングを自宅で受けられるサービスが行われています。

片付かない原因を見つけ、それを根本的に解決できるように、その方に合わせた片付け方法や手順を提案すると共に、片付けに対する気持ちの整理も行えます。

親子では感情的になってしまうことも、第三者の介入によって上手くいくこともあるかもしれないので、このようなサービスを上手に利用していければいいかもしれませんね。

片付けのことなんかで喧嘩しないで!

親子

一番大切なことは、モノをどうしていくかではなく、どのようにモノと共により良く生きていくかです。

相手の気持ちを知って、お互いの価値観や違いを認め合いながら、より安全・快適な家にする片付けができるといいですね!

親子