スッキリ見せるキッチン収納 3つのコツ

台所

多くの女性にとって、キッチンは長い時間を過ごす場所の一つではないでしょうか。

キッチンで過ごす時間が大好きな方も、忙しい時間の合間にぱぱっと料理を作ってしまいたい方も、キッチンがより使いやすくオシャレで快適な空間になれば、一日の中で楽しい時間が少しでも増えるかもしれません。

キッチン収納を見直してみませんか?

コツ① グルーピングをして、動線や使用頻度に合わせた収納をする

まずは、『水』と『火』という行動動線で分けてみましょう。

水グループの鍋、ボウルやザル、軽量カップ、洗剤などはシンク下、火のグループのフライパンや、油、お玉などはガス台下、又はその周辺に収納することで、最小限の動作で物の出し入れができるようになり、使いやすくなるでしょう。

使用頻度の高いお玉やフライ返しなどは、吊り下げて収納すると場所をとりません。

ただし、ガス台周りに吊るすと落下した際に危険なので避けましょう。

シンク下収納

あまり詰め込み過ぎない、極力重ねないことが使いやすさのポイントです。

開き戸タイプの場合には棚がないことが多いので、収納場所の大きさに合わせたコの字型ラックや引き出し、カゴなどを使ってスペースを最大限に利用しましょう。

引き出しタイプの場合には、上から見ても分かるように収納してください。

ガス台下収納

フライパンは、ファイルボックスやディバイダーなどを利用して立てて収納することで使いやすく、コーティングが傷みにくくなります。

フライパンのフタは、扉裏にタオルハンガーやワイヤーのマガジンラックなどを取り付けて収納すると場所をとらずにスッキリします。

シンク下同様に、湿気対策としてすのこなどを敷いてから収納するといいかもしれません。

コツ② しきって、空間を無駄なく使う

カゴやラック、プラスチックのケースなどを上手に利用しましょう。

収納ケースの色や素材を統一するとスッキリとした印象になります。

追加購入できるように、100円均一や無印良品などのデザインが変わりにくく、スタンダードな容器にするといいかもしれません。

仙台には無印良品が4店舗あり、青葉区のエスパル仙台店、仙台ロフト店、太白区のザ・モール仙台長町店、泉区の泉中央セルバ店がありますので、お気に入りを探してみてはいかがでしょうか。

コツ③ 清潔に保つ

どんなに上手に収納できても、汚いのでは気分は良くないですよね。清潔に保つためには、掃除がしやすいことが大切です。

そのために、

  • できる限りワークトップに物を置かないこと
  • 料理をしながらぱぱっと掃除をする習慣をつけること

などが有効です。

ワークトップ、特にガス台周辺に調味料ラックなどを置くと油汚れが付きやすいので、掃除が面倒になってしまいがちです。

物を置く場合は、油汚れが付きにくい場所にしましょう。

また、料理中は油汚れが温まってとれやすいので、さっと壁やレンジ周りを拭くことを習慣にすることで、汚れが溜まりにくく、しっかり掃除をする際の負担が減ります。

まとめ

台所

せっかくキレイに掃除をしても、収納をしても、持続させなければもったいないですよね。

キッチンは毎日使う場所なので、片付けをして終わりではなく日々の維持管理が大切です。

新しいものを購入したときなどをタイミングとして収納を見直し、必要に応じて移動させながらスッキリとした状態を保っていければ、キッチンでの時間がより良いものになるかもしれません。

台所