押入れやクローゼット収納が家を変える?!

収納

家の中で最大の収納場所であることが多い押入れやクローゼットですが、上手に収納できていますか?

せっかくの収納場所もデッドスペースが多かったり、使いにくい収納になっているともったいないですよね。

たくさんのものを収納できて、使いたいものがすぐに取り出せて戻せる押入れを目指して片付けを始めてみませんか。

整理の手順とコツ

何が入っているか、何を入れたいのか、収納物の確認をする

いる物といらない物に分ける

手にとって5秒程で即決することが判断するときのコツです。いらない物は、その場でゴミ袋に入れていきましょう。

いる物をカテゴリー別に分類する

衣類、電化製品などの種類別や使用頻度、湿気に強い・弱い、軽い・重いなどの性質別など分けやすい方法で分類していきましょう。

ゾーニング(収納場所)を考える

天袋などの上の部分には、使用頻度の少ないものや湿気に弱いもの、軽いものの収納に適しています。

上段(クローゼットでの中段)は、日常的によく使うものや衣類を中心に収納すると使いやすくなります。

下段には、よく使う重いものや、子どもでも取りやすい位置なので、子ども用品などを収納してみてはいかがでしょうか。

ゾーニングをしっかりと行うことで、この後の作業効率がぐんと上がりますので、面倒がらずに考えてみて下さいね。

デッドスペースができないように押入れのサイズを測り、収納物にあったケースやラックなどを用意する

天袋には、取っ手付きの蓋付き収納ボックスがオススメです。

また、中の物が分かるようにクリアのものを選んだり、ラベルなどを貼ると取り出すときに便利です。

上段は引き出しやポール、ラックなどを合わせて使うと、使い勝手がよくなります。

クローゼットであれば収納システム、押入れであれば上段専用ラックなどを利用するとスペースを最大限に活用できるかもしれません。

下段は、重い物を収納する場合が多いので、キャスター付きのものを選ぶといいでしょう。

ゾーニングの計画に沿って、取り出しやすくしまいやすい収納を考える

引き出しの中に仕切りを付ける、引き出し収納は目線よりも下に配置する、深さのある収納には立てて入れるなどの工夫をすることで使い勝手が大きく変わってきます。

押入れは特に奥行きがあるので、使用頻度の高くないものを入れたり、突っ張り棒を付けて吊り下げ収納をするなどして、奥のスペースも上手に利用できるように考えていきましょう。

湿気対策が大切!

押入れは湿気が溜まりやすいので、カビなどを防ぐために湿気対策は必ず行って下さい。

下の部分と側面にすのこを配置する、すのこを使った収納グッズを使用する、除湿剤を置くなどの方法があります。

また、たまに扇風機で風を送り込むのも良いようです。

セルバ文化教室に参加してみませんか

仙台市泉区にあるセルバでは、様々なテーマでセミナーを行っています。

その時々でテーマは代わりますが、クローゼットの片付けや衣類の整理などについての講座が開催されることもあるようです。

ワンコインで参加できるものもありますので、片付けを始める前に一度参加されてみてはいかがでしょうか。

まとめ

おしゃれは見えないところが大切なように、片付けも見えないところが大切です。

押し入れの収納を改善することで見えるところの収納が変わり、家全体の印象も変わってくるかもしれませんよ。

収納